【永久保存版】仕事が面白くない時の5つの解決方法をご紹介!

なんかこの仕事、全然面白くないなあ。

ポチ
ポチ

「仕事は面白くないもの」って聞くけど、面白くない事をずっと続けるのは、嫌だよ。

ポチ
ポチ
恭一
恭一

そしたら、仕事を面白いものに、変えたくないかい?

恭一さん!そんなこと出来るの?

ポチ
ポチ
恭一
恭一

これらの方法を試してみれば、仕事が面白く感じるはずだぞ!

あなたは今の仕事を楽しめているでしょうか?

職種によって仕事内容が違いますから「こんな単純作業、ずっとやるの?」「話が難しすぎて、ついていけない!」「今の仕事は嫌いじゃないけど、特に面白くもないなあ」など、仕事に対しての不満も様々です。

せっかくやる仕事、面白くないと不満を抱えながら過ごすのは、やめにしましょう。

今あなたが、面白くないと感じている仕事を、面白くさせることが出来るのは、あなた次第です。
では、どのように解決するのか。

今回は、仕事が面白くない時の5つの解決方法をご紹介します!

解決方法1:何が面白くないのか分析する

恭一
恭一

どんなことを理由に「仕事が面白くない」と感じているか、把握できているかな?

仕事を面白くするには、まずあなたが、仕事を面白くないと感じている理由を、理解しておく必要があります。

なぜ仕事が面白くないのか、リストアップしてみましょう。
面白くない理由が分からなければ、適切に対処することが出来ません。

時間をかけてもいいので、あなたの正直な気持ちと一緒に、面白くない原因を、書き出しましょう。

私も仕事を面白くないと、感じていた時がありました。
その時は「私の仕事が、誰の役に立っているのか、よく分からない」ことが原因でした。

そこで私は、自分が担当した仕事が、最終的にどのような形のものになって、誰に提供されているのかを考えました。

すると、私の仕事がどうして必要とされているのかを、徐々に理解していき、仕事に対しての向き合い方も、変わっていきました。

「どうして面白くないと感じるのか」を自分の価値観と一緒に見つめ直すことで、仕事に関する考え方が変化し、面白さに繋げることが出来たのです。

誰であっても、仕事が面白くないと感じる理由は、同じではありません。
「自分にとっての面白い仕事は何か」というのは、あなたの価値観を大きく反映しています。

面白くない理由を、あなたの価値観と合わせて分析することで、仕事に対する新しい視点が生まれるはずです。

解決方法2:上司や同僚に相談する

「仕事が面白くないです」なんて話、聞いてくれるかな?

ポチ
ポチ

「仕事が面白くない!」という気持ちを、一人で抱え込まずに、一度誰かに相談してみましょう。

相談する相手は、直属の上司でも、現場が違う同僚でも構いません。
「こんな相談、相手は聞いてくれるだろうか」と心配しなくても大丈夫です。

あなたが悩んでいる姿を見れば、相談相手は「あなたの力になりたい」と考えてくれるでしょう。

上司に相談するのは、少し気が引けるかもしれませんが、あなたより多くの経験をしている分、今のあなたの現状を打破してくれるような、アドバイスをもらえる可能性が高いです。

普段の業務中や、休憩時に相談するのが難しいのであれば、プライベートな時間を使って聞くのもいいでしょう。会社の集まりであれば、悩みを聞いてもらえるかもしれません。

同僚への相談は、上司よりも相談しやすく、同じ悩みを抱えている可能性があるため、一緒に考えてくれるかもしれません。あなたと同じ立場の人間に「悩みを共有した」という事実は、あなたを勇気づけてくれるはずです。

仕事が面白くないという悩みを、誰かに話してみるだけでも、あなたが想像している以上に、気持ちを前向きにさせてくれます。

「仕事が面白くない」と感じている人は、たくさんいますし、上司もそういう気持ちを経験してきています。必ずあなたの悩みを、親身になって聞いてくれる人が現れます。

誰かに相談しなければ、得られないようなアドバイスによって、今の仕事の面白さを発掘することが出来るでしょう。

解決方法3:休息をとる

面白くない仕事のことばかり考えていると、気が滅入っちゃうな。

ポチ
ポチ

連日の残業や大きなプロジェクトのプレッシャーで、疲れていませんか?
少し休息を取ることで、頭と体をリフレッシュさせてあげましょう。

疲れがたまっていると、仕事に対して不満が募り「この仕事は面白くない」と判断してしまいます。

時には、羽を広げて休めるような時間を、用意してあげましょう。

面白くない仕事を考え続けるのをやめ、休むことに集中しましょう。

たとえ激務でなかったとしても、仕事が面白くないと感じているのに、毎日仕事に追われ、休日も仕事のことを考えていれば、体調を崩してしまいます。

「仕事を面白いものにしたい!」と考えているのならば、仕事とプライベートのバランスは保ちましょう。

通勤電車に揺られながら仕事をこなす日常から離れて、時には一日ぐっすり寝てみたり、趣味を追及しましょう。仕事とのメリハリをつけることで、頭の中がスッキリすることでしょう。

あなたが考えている以上に、休息を取ることは大事です。
休息時間を疎かにしていないか、今一度確認してみてください。

普段の日常からあなたを解放し、再び仕事に向かう活力を、取り戻しましょう。

解決方法4:仕事以外で楽しみを見つける

恭一
恭一

仕事以外に面白さを見出すと、仕事とメリハリがつくんだ。

一旦視点を変えて、プライベートで楽しみを見つけるようにしてみましょう。

面白くない仕事を、面白く感じようと躍起になっても、上手く行かないでしょう。
そういう時には、仕事そのものでなく、仕事以外に面白さを求めましょう。

仕事以外に面白さを見つけることで、日常にメリハリがつくようになります。

例えば、仕事終わりに映画鑑賞をすると決めてしまいます。
そうすると、仕事に対する態度が変わるはずです。

普段は面白くないと感じている仕事を「この後は映画を見に行ける」と思うだけで、いかにこの仕事に取り組むかを考え、気力が充実した状態で、仕事をこなすことが出来るでしょう。

プライベートを楽しいものにしておくことで、普段の仕事を工夫しようと、前向きな気持ちになります。そうしていくうちに、仕事に対しても、関心が芽生えていくのは想像に難くないでしょう。

仕事以外の趣味などを面白くすることで、相乗効果で仕事も充実させることが出来るのです。

もしこれといった趣味を持っていないのであれば、これを機に趣味を見つけてみてください。
その際には、あなたが心から楽しめるご褒美を、用意することが大切です。

「仕事終わりに、楽しいことが待っている」と考えれば、面白くない仕事との向き合い方も、自然と変わってくるでしょう。

解決方法5:転職活動をする

恭一
恭一

転職活動は、最終手段と考えよう!

ここまで、色々な手段を取っても改善しないのであれば、転職を考えてみましょう。

仕事が面白くない原因が、人間関係などのあなた自身ではどうすることも出来ない場合、改善する行動をとるだけでも、ストレスになるはずです。

今後も面白くなることがない仕事には、見切りをつけて前に進みましょう。

仕事とあなたとの付き合いは、今後何十年も続いていきます。
その中で感じた「この仕事、面白くない!」というあなたの気持ちを、尊重してあげましょう。

仕事が面白くないと感じたまま、今の会社に居続ければ、仕事は一向に面白くなりませんし、周りもあなたに気力がないことを感じて、接する機会も減ってしまうかもしれません。

また、改善手段を取っても、仕事の面白さが変わらず、苦痛を感じるのであれば、その仕事から離れるのが賢明でしょう。

あなたの今の気持ちに素直になり、あなたの生活を明るくする方向へ、舵を切りましょう。

仕事が面白くないという理由で、仕事を辞めるのを迷っているのであれば、転職エージェントを活用するのも手です。相談するだけでも、あなたの仕事に対する評価を、見つめ直すきっかけになるでしょう。

今のあなたが感じている不満を、ここで断ち切って、新しいスタートを切りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「【永久保存版】仕事が面白くない時の5つの解決方法」をご紹介しました。
まとめますと、

  1. 何が面白くないのか分析する
  2. 上司や同僚に相談する
  3. 休息をとる
  4. 仕事以外で楽しみを見つける
  5. 転職活動をする


以上が、5つの解決方法になります。

仕事が面白くないと思いながら、日々の仕事をこなしていても、何も変わりません。

ここであなた自身を見つめ直して、あなたにとって仕事を、刺激的で日常を明るく彩るものにしましょう。

時には仕事から離れても構いません。
あなたは面白くないと感じている仕事を、放り出さずに毎日向き合っているんです。

あなた自身が変われば、あなたが考えているよりも簡単に、日々の仕事を楽しく感じることが出来るでしょう!

あなたにとっての仕事が、面白いものになるよう、祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です