通勤途中に体調不良になった!その原因と対策と連絡方法とは?

うう…
なんだか気分が悪い…

ポチ
ポチ
恭一
恭一

どうしたんだポチ、尻尾が垂れてるぞ。
大丈夫か?

なんだか急に体調が悪くなってきて…
通勤中なのに、どうしよう…

ポチ
ポチ
恭一
恭一

まずは落ち着けるところに行こう。
そこでやらなければならないことがある。
それは…

「通勤途中で急に具合が悪くなってしまった。どうしたらいいんだ…」

あなたはこんな経験がありますか?

健康には気を配っているはずなのに、どうしようもなく体調を崩してしまうことはあります。

体調が悪い時は頭がうまく動きません。混乱して不安になりますよね。

そんな時にどうしたらいいのか、日ごろから注意しておくことが重要です。

しかしなってしまったのは仕方ありません。

今回は体調不良の原因と対策、そして遅刻や欠勤した時の連絡方法を紹介します!

通勤途中での体調不良の原因

体調不良の原因は2つ考えられます。

それは体調管理不足とストレスです。

日々の生活や仕事での不安で、自分のことをおろそかにしている方も多いのではないでしょうか。

それでは詳しく解説していきます。

体調管理不足

原因の1つ目は、日々の体調管理不足です。

あなたは昨日、何時に寝ましたか?

食事は3食食べていますか?

基本的なことですが、いつの間にか疎かになりがちです。

睡眠は平均3時間、食事もインスタントばかりでは身体に悪いです。

そうならないためにも、睡眠は平均8時間、食事も野菜を中心にバランスの取れたものが良いですね。

ストレス

原因の2つ目は、ストレスからくる疲れです。

ストレスには良いものと悪いものがあります。

良いストレスとは、仕事のモチベーションをあげるものです。

「この案件をこなせば、昇進できるぞ!」

このような緊張感は、仕事の質を上げる良いストレスです。

悪いものは極度の緊張や不安などです。

友人のmさんも、この悪いストレスで体調を崩してしまいました。

「新しい仕事にとても緊張してしまってね。それになかなか慣れることもできず、ストレスになってしまったんだ」

その結果mさんは胃痛に悩まされてしまったそうです。

このように、ストレスから体調を崩してしまうことがあるのです。

仕事のストレスを我慢すると、どんなデメリットがあるのか解説した記事を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

体調不良になる前の対策

体調不良の原因は自己管理不足とストレスだと紹介してきました。

次はその対策を紹介していきます。

簡単なことですが、習慣とすることが肝です。

そのことを意識して、自分ならどうするかも考えてみてください!

日々の体調管理

対策の1つ目は日々の体調管理をしっかりとすることです。

そうすることで、「今日は少し体調が悪いから仕事を早めに切り上げよう」など体調を崩しきってしまう前に気づくことができます。

具体的には、日記をつけると良いでしょう。

「昨日は5時間寝た。サラダを食べた。少し睡眠不足気味かな?」

書くタイミングとしては寝る直前がおすすめです。

眠る前に記録をつけてから、ベッドに横になりましょう。

整理された気分になって気持ちよく眠ることができますよ。

ストレスの原因をはっきりさせる

対策の2つ目は、ストレスの原因をはっきりさせることです。

ストレス、といっても漠然としていてどう対処したらよいかわかりませんよね。

この原因をはっきりさせることで、自分への理解が深まりより能率的に仕事をすることができます。

具体的には自分がどんな時に緊張するのか、何が不安なのかを考えてみましょう。

もやもやした緊張感や不安ほど、ストレスなものはありません。

そのもやもやの正体を明らかにして、解決することがストレス解消にもつながります。

通勤時間に余裕を持つ

対策の3つ目は、通勤時間に余裕を持つことです。

そうすることで満員電車に乗ることもなく、または朝活などをする時間も持てます。

出社1時間前に勤務地に到着すると、時間が余りますよね。

その時間をカフェで過ごすと、得した気持ちになりますよ。

また通勤のストレスは満員電車が1番辛いですよね。私はそうでした。

ストレスをなるべく避けるのも、体調の面では重要です。

1時間が難しければ30分でも早く着いて付近を軽く散歩するだけで、とてもリラックスすることができますよ。

体調不良になった時の会社への連絡方法

基本は電話

連絡方法は、基本的には電話です。

声の調子から体調が悪い証明にもなります。

また仕事の引継ぎもスムーズに行うことができます。

このような理由から基本は電話なのです。

通勤途中ということで電車を利用している方も多いと思われます。

もし遅刻や欠勤をするなら電話が基本ですが、電車内での利用は控えましょう。

代わりにメールなどで遅刻や欠勤を伝えて、「今は電車内なので、後ほど電話します」など一言を付け加えましょう。

決められた手段

電話以外にも、会社で決められた連絡ツールがありますよね。

今はグループLINEやビジネスチャットツール、社内SNSや担当者へのSMSなど多くの連絡手段があります。

急な体調不良の時に迅速に動けるよう、元気なうちに聞いておきましょう。

体調が悪い時にメッセージを送るのは辛いでしょう。

ですがそこは頑張って伝えましょう。

まとめ

今回は通勤途中に体調不良になった時の原因と対策、そして連絡方法を紹介してきました。

まず原因は2つ考えられます。

1つ目は体調管理不足、2つ目はストレスです。

対策としては3つあげられます。

  • 日々の体調管理
  • ストレスの原因をはっきりさせる
  • 通勤時間に余裕を持つ

また連絡方法の基本は電話です。

あとは社内SMSなど会社によって決まっているはずなので、万が一の時のために確認しておきましょう。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

あなたが健康に過ごせますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です