仕事とプライベートの切り替えができない時の3つの解決策

今日の仕事ちゃんとできてたかな?明日出社したら会議の準備から始めないと・・他は・・・

ポチ
ポチ
恭一
恭一

仕事が終わったのに、明日の仕事のことを考えているの?

仕事が終わったのに、頭から仕事のことが離れないことはありませんか?

私自身、プライベートの時間も割いて頑張らないと昇進できないと思っていました。

そのため、必要以上に仕事のことを考えすぎていた経験があります。

しかし、プライベートの時間を大事にしている同僚の方が早く昇進が決まりました。

落胆したと同時に、どうして自分ではなかったのかと考えました。

同僚と自分の違いは様々あるものの、プライベートをしっかり休むという面が明らかに違っていました。

そして、しっかりと気持ちを切り替えて、プライベートを楽しむようにすることで、仕事に集中して取り組めるようになりました。

今回は、仕事とプライベートの切り替えができない時の3つの解決策をご紹介します。

解決策1:やることリストを作る

銀のラップトップ コンピュータの横に白いプリンターの用紙

解決策1つ目は、今日するべき事を書き出すことです。

書き出すことによって、大事な仕事を忘れることがありません。

もし、その日しなければいけなかった仕事を、終業間際に思い出してしまうと大変です。

残業や仕事を持ち帰ることにも繋がりますし、プライベート時間に思い出すと、気になり頭から離れなくなってしまいます。

それではプライベートを楽しむことができませんよね。

私が実践していることは、仕事中にするべきことを全て書き出して優先順位を付けています。

優先順位を付けることで、焦らず効率よく仕事をこなすことができますよ。

そして、リストに書いてあることを全て終えることで達成感を得ることができて仕事のことを気にすることなく退社できます。

余裕がある時にするリストも作っておくと、早く仕事が終わった時に確認して終わらせることができるのでオススメです。

また、仕事をスムーズに終わらせるためには、デスク周りの整理整頓も大切です。

身の回りを整えることで、物を探す時間などのタイムロスを減らすことができます。

解決策2:切り替えるスイッチを作る

白壁スイッチ

解決策2つ目は、自分なりの気持ちの切り替え方を見つけることです。

会社を出てすぐに気持ちを切り替えるというのは、なかなか難しいものですよね。

そんな時は、

  • 音楽を聴く
  • 帰宅後すぐにシャワーを浴びる
  • コーヒーを一杯飲んで帰宅する

など、気持ちを切り替えるスイッチを作りましょう。

同僚は仕事がとても忙しかった日には、自分を落ち着かせる時間として喫茶店でコーヒーを飲んで帰宅することで、気持ちの切り替えをしていると言っていました。

会社から自宅へ真っ直ぐ帰宅するよりも、違う空間でゆっくりする方が切り替えやすいそうです。

また、しっかり切り替えた後にまた仕事のことを考えてしまわないように、就業時間内に終わらないような仕事を請け負いすぎないようにしましょう。

時には断る勇気も必要です。自分が余裕を持ってできる仕事量を把握しておきましょう。

どうしても終わりそうにない時は、同僚に頼るのもいいですね。

始業の際もメール確認からするなど、ルーティーン化することですんなり仕事モードになれるでしょう。

はじめはそれでも切り替えがうまくできないことがあるかもしれませんが、意識して習慣にすることで少しずつ効果が現れるはずです。

自分に合う習慣を見つけてみましょう。

解決策3:プライベートの時間を充実させる

夕暮れ時の崖の上の男のシルエット写真

解決策3つ目は、プライベートを充実させて、仕事のことを考える隙を埋めることです。

何もすることがないと、どうしても仕事のことを考えてしまいがちです。

休みの日に何をするのか、積極的に考えてみましょう。

知人はスケジュールが埋まっていると、仕事が辛くても仕事を頑張ることができると言っていました。

休みの日には近場に旅行に行ったり、ジムに行ったりしているそうです。

体を少し動かすことで頭も体もスッキリして、仕事で嫌なことがあっても次の仕事に引きずることが減ったと言っていました。

ですが、プライベートを毎回埋めるのは大変ですよね。

そんな時は、自分が楽しく笑顔になれる趣味を探すことも楽しいです。

スケジュールを埋めることを意識すると、友人との交流も増えて新たな発見があるかもしれません。

新たな発見があると、楽しく充実したプライベート時間を過ごすことができます。

まとめ

しっかり切り替える方法があるんだね

ポチ
ポチ
恭一
恭一

そうだね、ポチに合う方法は見つかった?

切り替えがうまくできない理由を考えることで、自分に合う解決策が見つかるでしょう。

仕事での嫌な気持ちを引きずってしまい、どんよりとした気持ちが晴れないままだと、仕事もうまくいきません。

気持ちの切り替えを意識して息抜きをすることで、仕事の効率アップにもつながるでしょう。

今回は、仕事とプライベートの切り替えができない時の3つの解決策を紹介しました。

  • 解決策1:やることリストを作る
  • 解決策2:切り替えるスイッチを作る
  • 解決策3:プライベートの時間を充実させる

いかがでしたか?

切り替えがうまくできないと、仕事もプライベートも中途半端になってしまいます。

また、体も心もプライベートの時間に休めないと、体調を崩してしまい何もいいことがありません。

自分なりの切り替え方法を見つけましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です