転職する前に、専門学校に入学して勉強をしなおすメリットを3つ紹介します!

やりたいことが見つかって、転職したいんだよね

ポチ
ポチ
恭一
恭一

そうなんだ。
今回は、転職する前に勉強しなおすことのメリットについて教えるね

転職を考えた際に、職種によっては、専門性の高いスキルや資格が求められます。

私は、IT系の企業で働きたいと思い、1年間バイトしてお金を溜めて、専門性の高いスキルをや資格を取得するために、専門学校に入学した経緯があります。

なぜ、転職をする前に専門学校にいった方がよいのか、そのメリットについて、紹介しようと思います。

勉強をしなおすメリットその1:専門性の高いスキルや資格の勉強ができる

person writing on white paper

勉強をし直すメリットその1、専門性の高いスキルや資格の勉強ができることです。

これは、まさしく読んで字のごとくですよね。

専門学校で勉強できるメリットは、なんといっても1つの分野に、集中して勉強ができる事です。

私はIT系の職種に携わりたいと思い、プログラミング系を勉強する、情報系の専門学校に入学しました。
独学も考えましたが、プログラミングは、専門性がかなり高いので断念しました。

転職したい職種によっては、専門性が高く、働きながら独学で勉強するのはとても難しいです。
特に医療系に職種であれば、国家資格がないと働けませんよね。

専門学校は、教えてくれる先生の存在と、勉強できる環境が整っているのもポイントです

独学で勉強する事は、金銭面を抑える事がメリットですが、勉強の面では参考書等を買って、スケジュールも立てつつ、0から自分でスタートしないといけないですよね。

その際に、いったん勉強で分からない事があると、理解をするのに時間がかかってしまいます。
分からない所があったら1人で解決しないといけない、独学をしていく上での1番のデメリットと言ってもいいでしょう。

その点、専門学校では、スキルを持った先生が授業をしてくれるので、勉強でつまづいてしまったら、その場や空いた時間に、先生に聞く事ができるので、最短で理解する事ができ、時間の効率も非常に良いです。

また、国家試験を受けるにあたって、先生が抑えた方がいいポイントを教えてくれます。
分かりやすく言うと、例年試験に出やすい分野を教えてくれる、という事です。

私も専門学校に通って勉強していた頃、「この分野がよく出るから覚えた方がいいですよ」と、先生が試験の問題にでる優先度の高い分野を教えてくれたのですが、ほぼ国家試験でその分野が問題に出題されていた事が殆どでした。

国家試験を受かるには、ただ闇雲に勉強するだけでなく、要点を抑えた勉強をしないと受かるのはとても難しいです。
そういった最短で合格するポイントを、先生に教えてもらうのも、メリットだといえます。

専門学校に入学する事のメリットは、時間の効率化と、合格率を上げる事ができるといえるでしょう。

勉強をしなおすメリットその2:勉強することに集中できる

assorted-color paper and brown wooden pencil

勉強をし直すメリットその2、勉強することに集中できる事です。

働きながら、勉強するという事は、とても難しい事だと思います。

仕事と勉強を両立させるには、相当な努力が必要で、自分の細かいスケジュール管理や、とにかくバランスが重要になっていきます。

成果を出すためには、集中できる環境づくりが必要になっていきます。

国家試験は大体半年に1度のペースで実施されています。
試験の内容によっては、1年に1回しか受ける事ができなかったり、取得難易度の高い試験は合格率20%を下回る、そういった試験も、中にはあります。

特に希望する職種に、国家試験の取得が不可欠な場合は、短期で、結果を出す為の努力が必要になってくるでしょう。
割り切る、という意味でも、専門学校に入ってしまえば、絶対勉強しないといけない環境になりますからね。

私は、情報系の専門学校で勉強して、目標であった、国家試験合格と数種類のベンダ資格を、取得することができました。
勉強に使っていい時間を沢山作れたのが、大きな要因だと思っています。

両立という言葉は、2つの事を成り立たせるという意味です。
成り立たせる事ができなかったら、中途半端になってしまい、成果や結果に結びつきません。

私は何事もシングルタスクの考え方で、物事を進めていました。
シングルタスクとは、1つの作業に集中して取り組むことです。

仕事をしながら勉強するという事は、2つの物事を並行して進めるマルチタスクの考え方です。
先ほども言った通り、不可能な考え方ではないのですが、努力が必要で、中途半端になってしまう可能性もあります。

自分で状況を簡単に予測して、「両立が難しい」「どちらか片方がおろそかになりそう」と、少しでも頭によぎったら、まずは、専門学校に入学して、勉強を取り組める環境作りを第一に考えるといいでしょう。

専門学校に入って勉強すれば、勉強に集中できる環境と、勉強に時間を割くことができるので、結果を出しやすくなりますよ。

勉強をしなおすメリットその3:勉強仲間ができる

woman carrying white and green textbook

勉強をしなおすメリットその3、勉強仲間ができる事です。

独学では、人で勉強する時間が多くなります。

その点、専門学校では、1人の環境ではなく、同じ目標を持った人達が集まって、皆で勉強します。
もしかしたら、気が合う仲の良い友人にも、巡り合うかもしれません。

何より、社会人から、転職するために、専門学校に入学した人もいるという事です。

同じ境遇の人がいるというだけで、勉強するモチベーションが上がります。

過去私は、2度専門学校で勉強したのですが、もともと社会人で働いており、転職するために、資格取得やスキルを得るために入学してきた人がいました。
同じような境遇なので、自然とその人達に感化されて、モチベーションが上がり、勉強を頑張る事ができました。

そして、もう1つ良いポイントがあります
それは、頭のいい、勉強ができる人達がいるという事です。

単純に、頭のいいクラスメイトに、分からない事を、色々聞くことができるからです

私は勉強をする時に、先生に聞くのもそうですが、分からない事は、頭のいいクラスメイトにも、たくさん聞いていました。

やはり、仕事や勉強ができる人は、とにかく要領がいい、効率の良さを求めているのが特徴です。

なので、自分もどうやったら、勉強を早く理解できるか、頭のいい人達の、勉強法をたくさん真似をしました。

ただ専門学校に行って授業を受けても、自分できちんと勉強して理解しなければ、何も意味がありません。

皆さんの中には、いざ勉強するにしても、勉強の仕方が分からない、という方も、中にはいらっしゃるかもしれません。
そんな時に、勉強ができる人に色々聞いて、自分の勉強方法を確立したり、情報を交換したり、独学とは違う、人に聞いてより多くの事を学ぶ、そういう仲間ができるのが、専門学校に通うメリットだと言えます。

勉強仲間の存在は、勉強のモチベーションにも繋がるだけでなく、さらには自分が、よりレベルアップしてくれるきっかけにもなると言えるでしょう。

まとめ

person reading book

いかがだったでしょうか。今回は、転職する前に、専門学校に行って勉強をしなおすメリットを3つ紹介しました。

以下、3つのメリットのまとめです。

  1. 専門学校に入学して勉強することは、時間の効率化と合格率を上げることができる
  2. 勉強する時間の確保と、勉強に集中できる環境を作りやすい
  3. 勉強仲間の存在は、モチベーションと自分がさらにレベルアップできるきっかけにもなる


専門学校に行けば、必ず資格が取得できるという事は、決してありません。

資格取得がゴールではなく、資格を取得して、希望とする職種の仕事をする会社に、採用されて働く事が、ゴールです。
なので、いったん勉強に専念するという事は、プレッシャーもかかりやすく、後がない、という考えを抱くかもしれません。

しかし、専門学校に入って勉強するという事は、独学では経験する事のない、貴重な経験が沢山できます。
貴重な経験ができるという事は、自分をさらにレベルアップできるという事でもあります。

最終的にどうしていくのか、自分自身の判断になりますので、後悔のないようにしたいところ。
専門学校に通って勉強するのも、選択肢の1つとして、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です