仕事を1ヶ月で辞めたいと思った時にチェックすべき5つのポイント

はぁ〜仕事辛い。
辞めたいよ。

ポチ
ポチ
恭一
恭一

え、でもまだ始めて1ヶ月でしょ?

期間とか関係ないよ。
辞めたいもんは辞めたいの。

ポチ
ポチ
恭一
恭一

なるほどね。
それなら、一回このチェックポイントを確認してみて。

頑張って就活して内定を獲得したのに、やっぱり合わなくて1ヶ月で辞めたいと思うことありますよね。

もちろんそれも自分の人生の1つの選択ですし、思い切って辞めることでより良い仕事に恵まれることもあります。

ですが、感情に身を任せて辞めてしまうと予期しない落とし穴にはまってしまうこともあり、そのせいで人生を台無しにしてしまうなんてことにもなりかねません

そこで今回は人生を台無しにしないために、「仕事を1ヶ月で辞めたいと思った時にチェックすべき5つのポイント」についてご紹介していきます。

チェックポイント1:自分の本当にやりたいことを理解しているか

入社してすぐに会社を辞めたいと考える人は実は少なくありません。

ですが、ほとんどの人は自分が本当にやりたいことを理解しないまま安易に会社を辞めてしまい、また適当な会社に入ってすぐに辞めるを繰り返してしまいがちです。

それは、自分自身を理解していないからこそ軸がブレてしまい、適当な選択をしてしまうからです。

例えば、もしあなたが本当は自分のやりたいことが明確にあるけど、今の会社を給料や有名だからという理由だけで決めているのであれば、辞めて本当にやりたいことができる会社に行くのは正解でしょう。

ですが、何もやりたいことが決まっていないのに安易に辞めてしまい、次の会社に期待したところで、同じような結果に陥ります。

大事なのは、あなたがやりたいことが出来て、全力で取り組める仕事をあなた自身で決めることです。

他人に期待するのは辞めましょう。

もしやりたいと思うことがないのであれば、まずは今の仕事を続けながら自分自身と向き合う時間を作ることで、良い選択をできるようになりますよ。

チェックポイント2:次の人生プランが見えているか

あなたは今の仕事を辞めた先の自分の人生プランが見えていますか?

おそらく見えていないのではないでしょうか。

今の時代、転職が当たり前になっていますが、企業側からしても理由なく辞めるような人を採用したいとは思いません。

まして、感情に任せて会社を早期で辞めて、次の転職先も決まらないまま数年が経ってしまうなんて人も実際にたくさんいます。

アルバイトをしながら転職活動をしている人もいますが、そうなると、経歴に空白の期間が出来てしまい、企業側としては印象があまり良くありません。

今の仕事をやりたくないからとりあえず辞めるという選択は、あなたの経歴に傷をつける行為だということを自覚しましょう。

もし今の仕事を辞めて独立するということであれば良いと思いますが、そんな気もないまま辞めても人生を棒に振ってしまうだけです。

例えば、私の友人で新卒で超大手優良企業に勤めていた人がいましたが、彼は会社員の生活が本当に合わないがために会社を辞めたいという気持ちが強く、さらに起業がしたいという気持ちがあったので1年で会社を辞めてしまいました。

その後、アルバイトをしながら生計を立てて、自分で起業して頑張った結果として、自分の会社で人生を生きられるようになっています。

もし彼が起業という目的がないまま会社を辞めたいという感情的な理由だけで辞めていたら、このような結果にはなっていません。

別の会社に就職してまた辞めてを繰り返していたことでしょう。

目的があって会社を早期で辞めるのであれば良いと思いますが、何もなしに辞めても良いことは1つもないので、まずは転職をするのか独立をするのかといった自分の人生プランを練るようにしてみてください

チェックポイント3:今の仕事のどこが嫌なのかをちゃんと理解しているか

あなたは今の仕事のどこが嫌かを明確に言うことが出来ますか?

  • 朝起きれない
  • 仕事がつまらない
  • 成果が出ない

こういったありきたりな理由だと、どこに行っても同じような理由で辞めてしまう可能性が高いです。

もしあなたが水商売などの仕事に従事しない限りは、大抵の企業は朝早くの出勤ですし、どんな仕事をしようが成果が出なければつまらないものです。

まして、給料や待遇に惹かれて入った会社であれば、なおさら仕事がつまらないと感じ、成果が出ない日々を送ってしまうことになるでしょう。

ですが、その会社を選んだのはあなた自身であるということを忘れないようにしましょう

会社には様々なしがらみが存在します。

人間関係だったり、残業が多かったり、パワハラなどもあるかもしれません。

もしこういった会社自体に対しての不満が明確なのであれば、しっかりと探すことで条件の良い会社を見つけることは可能です。

ただ、注意して欲しいのは、そういった会社への不満を自分自身で解決するように努力していないのであれば、転職したところで意味がないということです

例えば、人間関係について言えば、あなたがそこまで社交的ではなく、自分からは絡みに行かないのに、他の人が自分に絡みに来てくれないから良好な人間関係が築けないと思っているのであれば、それは大きな間違いです。

もし努力をしているのに人間関係が改善されないのであれば、それは会社側に問題がある可能性もありますが、自分のエゴで勝手に不満に思っているならどこに行っても同じ悩みを持つことになります。

自分の仕事のできなさや生活習慣による理由で辞めたいと思っているのであれば、それはあなたのエゴであり、転職したところで良い人生を歩むことはできません

もし自分のエゴで会社を辞めたいと感じてしまっているのであれば、一度それらのエゴを満たせないかを考え、それが満たせた後にそれでも辞めたいと思うならその時に辞めても遅くはありませんよ。

チェックポイント4:今の仕事を通して何かしら得るものがあったか

もしあなたが今の会社を辞めて転職を考えているのであれば、どこの会社に転職するにしても、これまで仕事で学んできたことが重要になってきます。

例えば、IT系の仕事を辞めて他の職種に転職するにしても、前職でどんなスキルが身について、どんな成果を上げることが出来たのかということを面接では必ずと言っていいほど聞かれます。

その時に何も答えられなかったら、企業側としてあなたを採用するメリットがあるでしょうか?

企業側が求めているのは、基礎から教えないといけない人材ではなく、入社後すぐに即戦力になってくれる人材です。

そのため、特に何か得ることもなくただ仕事を辞めた人は企業側としては採用する理由がありません。

あなたにはどんなスキルや知識があって、今やってる仕事ではどんなことを学ぶことが出来たのか?を一度考えてみてください。

もし何も思いつかないのであれば、「これだ!」と思えるものが見つかるまで今の仕事を頑張ってから転職することで人生が好転する可能性が高くなりますよ

チェックポイント5:なぜ今の仕事をしようと思ったのかを明確に答えられるか

あなたは今の仕事をするためにその会社の面接を受けて、入社していると思います。

では、1ヶ月働いた今、その会社に入社した理由を明確に答えることは出来ますか?

もし答えられるのであれば、「辞めたい」と思うことは一時の感情の可能性が高いです。

仕事内容が面白そうであれ将来的にやりたいことに直結しているであれ、今でも入社前の明確な理由を覚えているのであれば、その会社は人生においてあなたに必要なものを必ず学ばせてくれる場所になります。

逆に、1ヶ月しか経っていないのに忘れてしまっているのであれば、もう一度深く理由を考えてみましょう。

もしここで入社した理由を思い出せないのであれば、あなたは自分の人生の選択を適当に決めてしまう癖があります

それでは辞めて転職したところでまた適当な理由で入社して、目的を忘れてまた辞めるのサイクルに入ることになります。

それこそあなたの人生の貴重な時間を無駄にしているに他なりません。

あなたの人生での時間はかけがえのないものです。

適当な理由で決めるのではなく、ちゃんと自分の人生の時間を素晴らしいものにするために目的を持って選択をしましょう。

その一環として、売上でも成果物でもなんでも良いので、とりあえず今の仕事を続けてみて目的を達成するという経験をすると効果的ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「仕事を1ヶ月で辞めたいと思った時にチェックすべき5つのポイント」についてご紹介してきました。

ポイントとしては、以下の5つです。

  1. 自分の本当にやりたいことを理解しているか
  2. 次の人生プランが見えているか
  3. 今の仕事のどこが嫌なのかをちゃんと理解しているか
  4. 今の仕事を通して何かしら得られるものがあったか
  5. なぜ今の仕事をしようと思ったのか明確に答えられるか

仕事を1ヶ月という短期で辞めたいと思う人は大勢いますが、今回ご紹介した5つのチェックポイントを満たせていない人は、今の仕事を辞めても人生が好転する可能性は低いです。

仕事は自分の人生の大部分を占めるものなので満足いく会社で働きたいという気持ちもわかりますが、あなたの心の持ちようが悪ければ、どんな選択も良い方向には傾きません。

感情で決めるのではなく、一度自分と本気で向き合って辞めるかどうかを決めるようにしてみてください。

きっとあなたの人生が好転するような答えを得ることが出来ますよ。

読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です