人間関係の良い職場の5つの特徴とその見分け方をご紹介

今の職場は人間関係が悪すぎて…
転職したいけど、入社する前に職場の人間関係が分かったらいいのになぁ…

ポチ
ポチ
恭一
恭一

事前に職場の人間関係の良い悪いを見分ける方法はあるよ!
今から紹介するね!

職場の人間関係が嫌で転職をしたいと思ったことはありますか?

転職サイトを運営するエン・ジャパン株式会社で実施した1万人が対象の調査によると

「転職経験者の半数以上が、人間関係が転職のきっかけになったことがある」

と回答しています。

この結果は「多くの人が職場の人間関係を事前に知ることができず悩んでいる」ということを示していると言えます。

逆にいえば、事前に職場の人間関係の良い悪いを知ることができれば入社後に悩むことは少なくなります。

そこで今回は、人間関係の良い職場の5つの特徴とその見分け方を紹介します。

人間関係が良い職場の5つの特徴

人間関係が良い職場を見分けるためには、まず人間関係が良い職場の特徴を知ることが大切です。

人間関係が良い職場には、以下5つの特徴があります。

特徴その1:社員同士のコミュニケーションが活発

社員同士のコミュニケーションが活発である職場は、人間関係が良好です。

コミュニケーションが活発であることは「社員同士の信頼関係が強い」ことを示しています。

社員同士の信頼関係は、お互いの人柄やスキル上の強み・弱みの理解のうえに成立します。

そのためコミュニケーションが活発な職場では

  • 気兼ねなく仕事の相談を他の社員に行う
  • お互いの強み・弱みを補完するよう協力して仕事を進める
  • お互いの業務状況に応じて仕事が配分される

といったことが自然と行われています。

私は実際に上記のような職場に働いたことがあり、一部の社員同士だけでなく会社全体としてお互いに助け合う文化が醸成されていました。

そのためかなり働きやすく、人間関係で悩むことはほとんどありませんでした。

一部の社員同士だけでなく、会社全体として社員同士のコミュニケーションが活発であるかどうかが重要です。

特徴その2:適度に距離を保っている

人間関係が良い職場は、お互いに適度な距離を保っているという特徴があります。

職場は仕事を行う場所です。

そのため、プライベートに踏み込んだ会話に抵抗を感じる人もいるでしょう。

また一部の社員同士が仲良くしすぎると、その輪に入れなかった社員が疎外感を抱く可能性があります。

意外に思うかもしれませんが、職場の人間関係を安定させるうえで職場は仕事をする場所と割り切り、付かず離れずの関係性を維持することが大切です。

特徴その3:お互いの成功を認め合う風土がある

人間関係が良い職場はお互いの成功を認め合う風土があります。

人は誰しも周りから認められたいという欲求を持っています。

仕事の成功に対して正当な評価が得られないことは、他者の成功に対するねたみやひがみの感情を生む要因となります。

私は過去に働いていた職場で、仕事で成果を上げた時に同僚や他部署の人からメールで「おめでとう」という言葉をもらえたことがあります。

メールをもらった時はとても嬉しい気持ちになり、私も他の人の成功を積極的に応援しようという気持ちになりました。

お互いの成功を認め合う風土があれば、社員同士はストレスなく協力して仕事に取り組むことができます。

特徴その4:立場の上下を超えて意見を言いやすい

上司と部下等の上下関係に捉われず意見を言いやすいことも、人間関係が良い職場の特徴と言えます。

「上司が怖くて話しかけられない」
「上司の指示に意見が言えない」
という職場では、気持ち良く働くことはできないですよね。

一方で

  • 相談したいときに上司に相談できる
  • 上司が意見に耳を傾けてくれる

といった環境であれば、人間関係に不安や緊張を感じることなく気持ちよく働くことができます。

私は自分の意見を言いにくい職場で働いたことがあります。

上司に意見を言うとあからさまに不機嫌になるため、自分の意見は押し殺して仕事をしていました。

そのため、仕事に対する心理的なストレスが大きく、モチベーションはかなり下がりました。

心理的な安定は仕事のモチベーションに大きく影響するので、意見を言いやすい環境はとても大切です。

特徴その5:オフィスが清潔に保たれている

人間関係の良い職場は、オフィスが清潔に保たれていることが多いです。

なぜなら、オフィス環境には働いている人の心の状態が反映されるからです。

オフィスは社員皆が働く場所であるため、人間関係が良好な職場であれば、互いに清潔に保とうという意識が働きます。

またオフィスが清潔であることは、社員がそうするだけの心の余裕があることを意味します。

つまり、社員一人一人の仕事量が適切に配分されている職場である可能性が高いです。

オフィス環境は、職場の人間関係を反映する鏡です。

人間関係が良い職場を見分ける方法

人間関係の良い職場の特徴を踏まえたうえで、ここから人間関係が良い職場を見分ける方法について解説します。

方法その1:求人票のアピールポイントを確認する

求人票のアピールポイントを確認してみましょう。

人間関係に問題がある会社ほど、職場の雰囲気に関する抽象的なアピールポイントが記載されています。

例えば

  • アットホームな雰囲気です
  • 風通しが良い職場です
  • 笑顔がいっぱいの職場です
  • 楽しい仲間がたくさんいます

などの表現です。

こういった表現を使用する企業は、人間関係が悪いという評判が立っている可能性が高いです。

なぜなら、人間関係の良い職場であれば、あえて記載する必要がないからです。

求人票の抽象的なアピールに惑わされないようにしましょう。

方法その2:会社の口コミサイトを活用する

職場の雰囲気を知るうえで、会社の口コミサイトは参考になります。

会社の口コミサイトには

などがあります。

上記の口コミサイトでは「入社前とのギャップ」や「働き方」などに関する評価があります。

これらの項目から、社内の雰囲気や人間関係の良し悪しを知ることができます。

ただし主に退職者の個人的な意見であるため、ネガティブな意見が多い傾向があります。

そのため、うのみにしすぎず参考意見として捉えることをオススメします。

私も転職する時には会社の口コミサイトを利用していました。

ある会社に転職した時、事前にその会社の口コミについて調べている中で「風通しが悪い」「意見が言いにくい雰囲気」というコメントが目につきました。

そこで実際に面接時に確認してみました。

その結果
「原因となっている人が会社を辞めて、今はそのような状況はない」
という回答を得ることができ、入社後は実際にそういった状況はありませんでした。

ネガティブな状況は改善されている可能性もありますので、気になった点は面接等を通じて直接自分自身で確認することも大切ですよ!

方法その3:離職率を確認する

人間関係が悪い会社は、当然誰も長く働きたいとは思わないため離職率が高いはずです。

そのため、離職率を確認してみましょう!

離職率を直接確認する方法としては

  • 就職四季報を確認する
  • 転職エージェントに聞く
  • 面接時に面接官に直接聞く

といった方法があります。

一方、間接的に確認する方法として「企業の設立日」と「平均年齢」から調べる方法もあります。

たとえば、会社が設立してから10年以上経過しているにもかかわらず平均年齢が20歳台と低い場合には注意が必要です。

なぜなら、勤続年数が短い段階で多くの人がその会社を辞めている可能性が高いからです。

離職率が高い職場はかなりの確率で人間関係に問題があるといえるので、入社する前に使える情報は使って確かめておくことをオススメします。

方法その4:職場の雰囲気を体感する

職場の人間関係の良さを見分けるためには、自分自身で職場の雰囲気を体感することが最も有用です。

面接時などで会社を訪問する際に、職場の雰囲気を自分の目で確認してみましょう。

確認するポイントとしては「本記事で紹介した特徴があるかどうか」です。

確認するための最も簡単な方法は、社員の挨拶の仕方を見ることです。

笑顔で挨拶ができている会社は人間関係が良い可能性が高いです。

特に来訪者であるあなたに対して社員が自分から笑顔で挨拶をする会社は、安心してよいでしょう。

私は職場の雰囲気を感じられるよう「オフィスの様子を見せてください」と良くお願いしていました。意外とすんなり了承してくれます。

オフィスに入った時に視線の合った社員の方が会釈をしてくれるかどうかを判断ポイントの1つにしていました。

また、面接時に直接質問することも有効です。

本記事で紹介している見分ける方法からははっきりとした答えが出ない場合には、直接聞いてみましょう!

人間関係が良い職場と感じられるかどうかが転職先を決めるうえで最も大切ですので、自分自身で職場の雰囲気を体感することを強くオススメします。

まとめ

今回は、 人間関係の良い職場の特徴と人間関係の良い職場を見分ける方法を紹介しました。

人間関係の良い職場の特徴として

  • 社員同士のコミュニケーションが活発
  • 適度に距離を保っている
  • お互いの成功を認め合う風土がある
  • 立場の上下を超えて意見を言いやすい
  • オフィスが清潔に保たれている

そして、人間関係の良い職場を見分ける方法として

  • 求人票のアピールポイントを確認する
  • 会社の口コミサイトを活用する
  • 離職率を確認する
  • 職場の雰囲気を体感する

を紹介しました。

仕事は生活の大半の時間を占めます。

どうせ働くなら人間関係に悩まないで気持ちよく働きたいと誰もが思うはずです。

ただし、残念ながら入社する前に職場の人間関係を完全に把握することはできません。

やはり、実際に入社してみないと分からないこともあります。

一方で、今回紹介した方法を使用することで「人間関係が良さそうか」「人間関係が悪そうか」という、大まかな判断は可能です

明らかに人間関係が悪い会社を選択することは避けられるはずです。

職場の人間関係が原因で転職を考えている場合には、是非試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です