退職撤回後の気まずい状況の幻の対処法を全て解説!

「会社を辞めます」

そう上司に伝えたものの、何らかの理由で撤回しなければいけないことがあるかと思います。

撤回して元通り働いていても、気まずい雰囲気は残ってしまうもの。

今回は、退職撤回後の気まずい状況の対処法についてまとめてみました。

目次

退職撤回後の気まずい状況の対処法

退職撤回したものの、周囲の目も気になるし、とても気まずい…。

そんな状況の時にはどのように対処したら良いのか、2つのパターンで見てみましょう。

自らの意思で退職撤回した場合

自らの意思で退職を撤回した場合には、とにかく仕事で挽回するのが1番でしょう。

自分から「退職します」と言い出したのに、「やっぱり退職するの辞めます」では、信用がガタ落ちです。

「退職の意思を示す=この仕事をする気がなくなった」というように思われても仕方ありません。

信用と信頼を回復するには、仕事で結果を出すのが1番です。

結果を出せば、「退職撤回なんて自分勝手だと思っていたけど、やはり居てもらわないと困るな」と思ってもらえます。

気まずい雰因気の中、一生懸命働いて結果を出すというのは、本当に大変なことでしょう。

結果を出したからと言って、すぐに上司や同僚からの信頼が回復できるかと言えば、なかなか難しいかもしれません。

しかし、出してしまった退職届を自らの意思で撤回するということは、それだけ大変なことなのです。

心身共に大変だと思いますが、まずは仕事で結果を出しましょう。

会社からの圧力で退職撤回した場合

自分には退職の意思はないのに、上司に強要され心理的に追い込まれて退職届を提出してしまった。

しかし、翌日冷静に考えるとなぜ退職届を提出してしまったのだろう…退職撤回します!

そんな状況もあるかと思います。

そのような場合にも、仕事で挽回する方法が1番良いでしょう。

もちろん、そのような状況にまで追い込まれるというのは、上司にもパワハラなどの非があると考えられます。

しかし、周りから噂の格好の餌食になるのは間違いありません。

上司を非難する声が上がるのは当然ですが、「あの人にも落ち度があったのではないか」と噂されてしまうことも考えられます。

そんな噂を跳ねのけるくらい頑張って結果を出せば、誰も「落ち度があった」とは言えなくなりますよね。

会社からの圧力があったから、自分は被害者だと思うのも仕方ありませんが、退職届を提出してしまったのは事実です。

そのような事実をもなかったことにするくらい、仕事に打ち込み結果を出して周りを納得させましょう。

退職撤回後の気まずさに耐えられない時にすべきこと

退職撤回後に、一生懸命働いて結果を出したとしても、気まずさが無くなる保証はありません。

自分は一生懸命に働いているつもりなのに、どうしても結果に繋がらない、周りの目が気になって気まずさが無くならない、ということもあるかと思います。

どうしても気まずい状況に耐えられない時には、退職して他の仕事を探すことも考えてみましょう。

気まずい雰因気に押しつぶされ、病気にでもなってしまったら元も子もありません。

人生は一度きりです。

やりたいことや、チャレンジしたい気持ちがあるなら、そこに飛び込んでみるのも手かと思います。

毎日の気まずい雰因気に耐えきれなければ、思い切って次の仕事を探してみましょう。

しかし、退職するのは次のビジョンがしっかり決まってからにすることが大切です。

退職撤回後にまた退職届を出してしまったけれど、次の仕事が決まらない…では同じことの繰り返しになってしまいます。

何度も退職撤回してしまっては、それこそ本当に会社に居場所がなくなってしまいます。

次の仕事、ビジョンをしっかりと決めてから退職届を提出しましょう。

退職撤回しないためにしっかり考えておくべき

退職撤回すると、気まずい雰因気になるのは避けて通れないところです。

そのため、退職撤回しないためにも、本当に退職届を出して良いのか、撤回することはないのかをよく考えてから退職届を提出しましょう。

退職の意思を示すのは簡単です。

退職届を書いて、上司に提出してしまえば、あとは会社側で退職の手続きに取り掛かっていきます。

退職に際しては会社側としても、代わりの人材を確保したり、健康保険や年金、税金の手続きをしたりなど、1人退職するにもしなければいけないことがたくさんあります。

しかし、退職撤回するのは本当に大変なことです。

「退職するのやめました。まだこの会社で働きます。」と言ってしまうのは簡単ですが、退職撤回するには、会社側も退職のために始めてしまった手続きを取り消さなければいけません。

「自分の退職の意思で会社も動く」ということをよく考え、本当に退職してもよいのかしっかりと見極めましょう。

まとめ

今回は、退職撤回後の気まずい状況の対処法についてまとめました。

  • 退職撤回後は仕事に一生懸命取り組んで結果を出して挽回する
  • 気まずい状況に耐えきれない時には、転職することも検討してみる
  • 退職撤回しないためにも、本当に退職届を提出してよいのかよく考える

退職撤回しないのが1番良いですが、もし仕方なく退職撤回してしまった時には参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる