働いてみて分かった仕事がぬるい職場!辞めようと思ったきっかけ5選

あなたは自分の職場がぬるいと感じたことはありませんか?



居心地がいいからこのままがいい。

好きなことをやっているから構わない。



そう感じる人はそのままでいいと思います。



が、しかし

「このままではダメだ」

今いる職場にそう思いながら、日々悩んではいませんか?



自分の過ごしている時間がもったいない。

このままでは自分の能力が落ちてしまい、どこにも通用しなくなるのでは…。

ダメ人間になってしまうのでは…。

ぬるい職場にずっと働き続けることに、そんな将来の不安を感じてはいませんか?



そう感じて転職した人には辞めようと思ったきっかけがあると思います。

今回はその辞めようと思ったきっかけを私なりに調べて5選にまとめてみました。

こちらで紹介させていただきます。

きっかけ1:仕事に対しての姿勢がいいかげん

ぬるい職場としてよくあるのが、仕事に対してのいいかげんさです。

いいかげんなところとは、具体的に言えば相手本位お客様本位では動かず、すべては自分本位なところ。

そんな考えに自分が染まりそうになった時、辞めようと思いますよね。



自分本位な働きとは

  • 仕事の納期を守らない
  • 相手の要望に応えようとしない
  • 現状維持に強いこだわりがある
  • お客様より社長が最優先

などが挙げられます。



このような職場環境は緊張感などはなく

「ほどほどにやっておけばいい」

という空気が充満しているんですよね。



意欲的で頑張り屋な人にとっては耐えられないでしょう。

向上心がある人は逆にその職場では煙たがられることがあります。



そんな環境がイヤな人はとても仕事を続ける気はなりませんよね。

きっかけ2:いつもどおりを好み、変化を嫌う

ぬるい職場では現状維持に強いこだわりがあります。

いつもどおりを好み変化を嫌います。



なので、こちらが意欲的に良い仕事の効率化や、改善策を提示しても受け入れてもらえない場合、働く意欲はなくなり辞めたくなります。



そもそもこのような職場では、居心地のいい環境を壊す危険性のある効率化や改善策などを徹底的に嫌い

新しいものに対して受け入れることを非常に嫌がります。



なぜならこの職場の人たちは成長を望んではいないから。

慣れきった緊張感のない現状の仕事が永久に続いてほしいから。



会社の為、自分の成長の為に一所懸命考えた改善策を、まったく受け入れてもらえない場合。

そんな職場環境にはいたくなくなりますね。

きっかけ3:仕事がない、暇な時間が多い

意欲的に仕事をする人は

「自分のスキルアップしたい」

「社会に自分が必要とされている実感を感じたい」

 など向上心を持って働いていると思います。



そんな人にとって仕事がない、暇な時間が多いことは苦痛以外のなにものでもありません。

しかし仕事がないのが自分だけではなく、職場全体が暇になってしまった場合。

もう辞めたくなるのではないでしょうか?



そんな環境になるとこのような現象が起きます。

  • 休憩時間が長くなる。
  • おしゃべりの時間が多い。
  • たまにくる仕事をものすごく嫌がる。

このようなぬるい職場に変化していくことでしょう。



そこで怖いのが、自分もその体質に染まっていくことなんです。

嫌だ、そんな職場
僕には耐えられない。

ポチ
ポチ
恭一
恭一

そう感じたのならすぐにでも
転職したほうがいいよ!



向上心のある人にとって、このぬるい環境に居続けると自分の能力が低下していくのではないか。

そう不安に感じるようになります。



そのような環境に居続けてはいけないと感じることでしょう。

きっかけ4:上司が注意しない怒らない

職場の雰囲気は、上司の仕事に対する姿勢がそのまま影響しやすいです。

誰かが失敗をしてもたいして注意をしないし、怒らない上司の場合。

そんな締まりのない職場をどう感じますか?。



人は誰しも失敗します。

そこで注意を受けることで、次からは気を付けようと心掛けるものですよね。



しかし、注意もなければお咎めもなし。

そうなると反省の機会がありません。

「怒られないから」
「みんなそうだから」
そう思う人が増えていくよね。

ポチ
ポチ
恭一
恭一

そのうち
「できる人に全部やらせておけば
いいや」
そういう習慣が生まれてくる。

そしてもし自分が仕事ができる人側になった場合、どんどん仕事量は増えていくことでしょう。

そのような環境になってしまったら大変ですよね。

きっかけ5:自分と周りを比べたとき

一番きっかけとして多いのではないでしょうか?



同年代の友人や有名人が、一所懸命頑張ってどんどんスキルアップしているのを見たり聞いたりした時。

向上心の強い人ほど、ぬるま湯につかった今の自分と比べて、ものすごい焦りや危機感を抱くと思います。



暇で楽な職場に慣れてしますと、自分の能力が低下していくように感じてしまいます。



「いやいや、自分だけは他の人とは違う」

そう思っていても環境が人を作る要素があると思います。



新しいスキルも身に付ける機会もなく、あなたの能力は入社したときとなんら変わらない。



そんな中、自分の周りで日々頑張ってスキルアップしたことにより成功し、輝いている人を見たり聞いたりした時。

「このままではダメだ…」

「何やってんだ俺」など

もの凄い劣等感を抱くようになってしまうことでしょう。

まとめ

今回は「働いてみて分かった仕事がぬるい職場!辞めようと思ったきっかけ5選」を以下の通り紹介させていただきました。

  1. 仕事に対しての姿勢がいいかげん
  2. いつもどおりを好み、変化を嫌う
  3. 仕事がない、暇な時間が多い
  4. 上司が注意しない怒らない
  5. 自分と周りを比べたとき



なにもぬるい職場がダメだと言っているわけではありません。

なかにはその職場が自分のスタイルに合っている人もいるでしょうし、仕事に対しての価値観は人それぞれです。



ただ、今紹介した職場の雰囲気に悩んでいる人は、是非転職をオススメします。

あなたのそのやる気や向上心が非常にもったいない!



大丈夫です!!

その気持ちがあれば、今より仕事が難しくなっても、環境が厳しくなっても乗り越えることができるはず!!



自分の時間は取り戻すことができません。

あとになって後悔しないようあなたの人生を大切に過ごしてください。



最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です