仕事の飲み会に行くのが嫌で辛い時の5つの断り方をお伝えします

「飲みニケーション」という言葉が浸透している位、仕事の飲み会は大事なものですが、時には行きたくない時だってありますよね…

はぁ~、今度の飲み会、行きたくないなぁ…

ポチ
ポチ
恭一
恭一

ポチは飲み会が嫌いなのかい?

仲間とだったら楽しいけど、仕事の飲み会じゃつまらないよ

ポチ
ポチ
恭一
恭一

全てそうだとは限らないけど、断る事は出来ないの?

断ったら、自分の評判が悪くなったりしないかな?

ポチ
ポチ

 

飲み会を断るのには抵抗がありますね。

そこで今回は、仕事の飲み会に行くのが嫌で辛い時の5つの断り方と、仕事の飲み会に参加するメリットを紹介します。

仕事の飲み会に行くのが嫌で辛い時の5つの断り方

仕事の飲み会に良い印象が持てなかった時は、参加するのも嫌になりますね。

でも断ったら、職場の人間関係が悪くなると感じていませんか?

仕事の飲み会を断るのは何だか気が引けるな…

ポチ
ポチ
恭一
恭一

大丈夫!上手な断り方を覚えておけば、悪い印象を与えずに済むよ!

 

それでは次に具体的な5つの断り方を紹介しますので参考にして下さい。

その1:体調不良

断る理由として定番の体調不良ですが、効果はバツグンです!

今はコロナで皆が敏感になっていますし、具合が悪い人を無理に誘う事はありません。

ただし、それを理由に断っても、あなたが元気いっぱいに振舞っていては、嘘がバレてしまいます。

当日だけでも、大人しくしていた方が良いですね。

その2:先約がある

既に予定が入っていると伝えるのも、断る理由として有効です。

なるべくキャンセルが難しいもの考えておくと、あまり詮索されないで済みます。

例えば歯医者の予約なら、次に診療出来るのは大体1~2週間先になってしまう場合が多いので、誘った相手もそれならしょうがないと思うでしょう。

その3:家族や親戚を理由に断る

家族や親戚を理由に断る方法もあります。

例えば

「今日、実家から両親が来ていて、色々な所を案内したいので…」

実家暮らしならば

「叔母さんが退院したので、今日は親戚同士でお祝いする事になりました」

などと伝えれば、それをキャンセルさせてまで無理に誘おうとは思わないはずです。


その4:仕事を理由に断る

仕事を理由に断る事も出来ますが、言い方を間違えると反感を持たれてしまいます。

「仕事が溜まっていて、今日は行けそうにありません」

普通の言い訳に聞こえますが

「どうして早く終わらせておかなかった!」

と怒られてしまうかもしれません。


良い例としては

「明日の会議の為に、今日中に資料をまとめておきたい」

「明日、得意先に伺うので、失礼の無い様にしたい」

など、明日の仕事をアピールしておけば、相手も仕方がないと思うでしょう。


その5:ワンクッション置いて断る

誘ってきた相手が上司や得意先などの場合は、1度保留にしてから断った方が良いでしょう。

すぐに断ってしまうと、あなたに嫌われていると誤解され、その後の仕事がスムーズに進まない事があります。

「手帳で予定を確認してから連絡します」

少し時間をあけて

「すみません、他の予定が入っていました」と伝えましょう。

断る前にワンクッション置くと、相手の気分を害さなくて済みますよ!



仕事の飲み会に参加するメリット3選

仕事の飲み会に良い所はあるの?

ポチ
ポチ

恭一
恭一

もちろんだよ!飲み会でしか得られない事もあるんだ!

 

たとえ行きたくなくても、仕事の飲み会にはメリットがある事を忘れてはいけません。

参加の有無に関わらず、良い部分を知っておきましょう!

その1:知らない人と話す事が出来る

話す機会がない人や、挨拶程度しかしない人と話すキッカケが出来るのは大きなメリットです。

他部署の人との交流で、仕事で助けてもらったり、情報共有がスムーズに進む場合があります。

同じ会社で働いているのですから、仲良くしておいて損はありませんね。

その2:上司の意外な一面を知れる

職場では上司と部下の立場でプライベートな話はあまり出来ませんが、飲み会ではお酒が入る事で開放的になり、意外な一面を知る事が出来ます。

例えば

「いつも寡黙な上司が、カラオケで歌うとプロ並みのレベルだった」

「いつも真面目で堅苦しいと思っていた上司が、実はお笑い好きで、流行中の芸人にとても詳しい」

など、仕事の場では得られない発見があります。

上司の趣味や嗜好が分かり、今後の付き合い方の幅が広がりますね。

その3:職場のコミュニケーションが取れる

飲み会の席で仲良くなっておけば、職場に一体感が生まれます。

良いコミュニケーションを取る事によって、仕事がスムーズに進められますし、悩みがある時は相談に乗ってもらえるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

仕事の飲み会に行くのが嫌で辛い時の5つの断り方をお伝えします

仕事の飲み会に行くのが嫌で辛い時の5つの断り方

  • その1:体調不良
  • その2:先約がある
  • その3:家族や親戚を理由に断る
  • その4:仕事を理由に断る
  • その5:ワンクッション置いて断る

仕事の飲み会に参加するメリット3選

  • その1:知らない人と話す事が出来る
  • その2:上司の意外な一面を知れる
  • その3:職場のコミュニケーションが取れる

こちらをご紹介しました!

仕事の飲み会にはメリットがあるので、出来るだけ参加した方が良いと思いますが、行きたくないと思う時もありますよね。

断り方が分からず、嫌々行ってもあまり良い事はありません。

ただ、せっかく誘ってもらったのですから、断る前に必ず感謝の気持ちを伝えておきましょう。

「仕事の飲み会を断る=評判が悪くなる」と考えがちですが、相手に自分の意志を伝えるチャンスだと思って下さい!


上手な断り方をマスターすれば、良好な人間関係を築いていけますよ!


この記事を読んで頂きありがとうございました。

あなたの成功を願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です