退職して後悔!前の会社に戻りたい時の5つの方法とは?

ああ~どうしよう
せっかく転職したのに、前の会社の方が良かった…

ポチ
ポチ
恭一
恭一

どうしたんだポチ
転職して喜んでたじゃないか

始めはそうだったんだけど…
最近はどうやったら前の会社に戻れるか
そればかり考えてしまうんだ

ポチ
ポチ
恭一
恭一

いくつか方法があるぞ
ただし、本当に戻りたいんだな?

理由があって退職し、転職したあなた。

しかし転職先で後悔、どうやったら前の会社に戻れるかを考える日々…。

そんな時に役立つ方法を5つ紹介します。

ですが、重要なことですが本当に戻りたいのですね?

転職先のその問題は、あなたが解決できそうもないのですね?

もしも解決できそうならば解決することに全力を注ぎましょう。

「それが無理だからこんなに悩んでるんだよ!」

そんなあなたは読み進めてください。あなたの助けになることでしょう。

それでは、前の会社に戻りたい時の方法を5つ紹介します!

方法1:退職後も上司や同僚と連絡を取る

方法その1は、元上司や同僚に相談してみることです。

すでにあなたの能力やキャリアを知っている人が間に入ることで、スムーズに話が進むことがあります。

元上司なら欠員などの情報を得やすいでしょう。

または、人脈の確保にもつながります。

仕事をするうえで人脈が意外と重要になったりします。

思わぬところで縁がつながることもあるので、退職後もつながりを保ちましょう。

方法2:退職した会社からの声掛けに応じる

方法その2は、退職した会社からの声掛けに応じることです。

会社の方から「欠員が出たから、良ければ戻って来ないか?」と打診されることがあります。

1度退職したからといって、それでつながりがすべて絶たれるのではないのです。

なので、退職した会社で使ったメールアドレスなどを残しておくと良いでしょう。

ただし声掛けにすぐ飛びつくのは危険です。

欠員が出たのがあなたが働きたい部署なのか、もしくは本当に雇ってもらえるのかをきちんと確認しましょう。

転職先を止めていざ戻ったら、以前の部署とは関係のない所だった。

なんてことではシャレになりませんよね。

退職した会社から「戻って来ないか?」と打診されることもあります。

その時はどこに配属されるのか、口約束で終わらないか気を付けましょう。

方法3:元上司などに一言かけてから、求人に応募する

方法その3は、退職した会社の求人に応募することです。

気を付けることは、応募することを元上司などにあらかじめ話しておくことです。

なぜかというと、退職した理由が関係してきます。

円満に退職したのなら良いのですが、問題を残したまま去ってしまったりすると職場の空気が悪くなる可能性があります。

また家庭の都合だとしても同じで、退職した理由が解決したのかを会社側は確認しなければなりません。

その手間をかけさせてしまうのは時間がもったいないです。

あなたから連絡することで戻りたい理由をちゃんと伝えられるというメリットもあります。

以上2点の理由から、求人に応募する際は元上司などに連絡を入れてからにしましょう。

方法4:会社の再雇用制度を利用する

方法その4は、会社の再雇用制度を利用することです。

こちらは定年で退職した方や、妊娠出産のために退職した女性のための制度です。

今は関係なくとも、いずれは訪れる定年退職のために知っておいても損は無いでしょう。

または配偶者の方が仕事に戻りたい時にお手伝いができるかもしれません。

参考となる厚生労働省のサイトを紹介します。

こちらには再雇用制度についてより詳しく書かれているので、ぜひ1度目を通してみてください。

定年による退職を控えた45歳以上65歳未満の方が、再就職できるようにするための法律が定められているようです。

事業主は、解雇等により離職が予定されている45歳以上65歳未満の従業員が希望するときは、求人の開拓など本人の再就職の援助に関し必要な措置を実施するよう努める必要があります。(高年齢者雇用安定法第15条)

引用:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page09.html

女性の再雇用についても厚生労働省で定められています。

パートナーの女性のためにも知っておくと良いでしょう。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/dl/h26-03_itakuchousa01.pdf

昨今では転職活動が昔より活発になっている風潮があります。

その中で自分に合う制度があるかを調べることも重要ですよ。

方法5:すぐ戻らず、資格取得してからだと有利になる

方法その5は、資格を取得してから戻ることです。

そうすることで再就職に有利に働きます。

再就職する際に元いた会社がなにを見るかというと、退職後のキャリアを重視します。

会社を去った後どんなスキルを得たのか、それが会社に貢献するのかを厳しく判断されるのです。

できれば転職後すぐに戻らず、数年そこでキャリアを積むことを目的としたら良いでしょう。

転職して後悔している状態で「すぐ戻るな!」は薄情に聞こえるかもしれません。

ですがそこは「ここにはスキルを磨きにきてるだけなんだ…!」と思うことで自分を鼓舞できるでしょう。

退職した自分が再就職できるかどうかは、退職後のキャリアやスキルが関係してきます。

転職後すぐ戻るのではなく、資格取得を重視すると目的を持って過ごすことができますよ。

まとめ

今回は前の会社に戻りたい時の方法を5つ紹介しました。

  • 方法1:退職後も上司や同僚と連絡を取る
  • 方法2:退職した会社からの声掛けに応じる
  • 方法3:元上司などに一言かけてから、求人に応募する
  • 方法4:会社の再雇用制度を利用する
  • 方法5:すぐ戻らず、資格取得してからだと有利になる

退職した後も元上司や同僚とのつながりを保ちましょう。

思わぬ所で縁がつながることがあるかもしれません。

また自分に有利になるような制度があれば、それをフル活用しましょう。

最後に、資格を取得していると再就職に有利に働きます。

転職後すぐに戻らず、スキルを磨くことに集中しましょう。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

あなたの転職活動が良い結果となりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です